自省録2

2018/8/18 六甲縦走

【走った距離】  11.89km
【今月の累積距離】  253.27km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 31℃、最低 23℃
【コース】自宅~百円橋
【コメント】
 昨日は夏のトレーニング その2、六甲縦走。
 爽やかな風のなか、晴天の六甲を淡路島、明石大橋、
 先日走った葛城山、金剛山を眺めながら縦走。
 
 スタートの須磨駅。
 光善寺を5:12の始発で出て6:40に到着。
 須磨海水浴場を観ながら朝ごはんのカップラーメン。
b0362900_17513616.jpg
 最初のピーク 快晴の旗振山
 
b0362900_17513635.jpg
 2つ目のピークの鉄拐山は巻いて、3つ目のピーク高倉山
 次に登る栂尾山を望む
b0362900_17513623.jpg
 栂尾山から高倉山、旗振山、明石大橋、淡路島を振り返る。
b0362900_17513506.jpg
  
 須磨アルプスから、これから登る高取山、菊水山、鍋蓋山、
 はるか遠くに摩耶山、六甲最高峰を望む。 
 昨日は空気が澄んでいてよ
く見えた。
b0362900_18115600.jpg
 タカサゴユリ
b0362900_18120475.jpg
 高取山に登る前に妙法寺のローソンで1本目のガリガリ君 梨
b0362900_18120480.jpg
 高取山を下りて次の菊水山の1000段の階段に登る前にペプシコーラ
b0362900_18120467.jpg
 菊水山山頂
 風が心地よかった
b0362900_18193574.jpg
 菊水山から天王吊橋に下りる痩尾根は崩落直前。
 地震の影響か、大天の影響かは不明。
b0362900_18193549.jpg
b0362900_18193526.jpg
 
 六甲山登山道被害状況
b0362900_18234733.jpg
 鍋蓋山山頂
b0362900_18234778.jpg
 市ヶ原 桜茶屋でスプライト
b0362900_18234701.jpg
 摩耶山に登る天狗道
b0362900_18234851.jpg
 摩耶山 掬星台でコカコーラ。
 昨日はそれほど暑くなかったがそれでも4.2L飲んだ。
b0362900_18275763.jpg
 記念碑台手前の藤原商店で2本目のガリガリ君。
 帰りの光善寺駅でも食べたのでこの日はガリガリ君3本。
b0362900_18275759.jpg
 六甲ガーデンテラスから六甲最高峰に向かう道で崩落
b0362900_18352349.jpg
 六甲山最高峰
b0362900_18324686.jpg
 六甲最高峰から生駒連山、二上山、葛城山、金剛山を望む
b0362900_18324643.jpg
 生駒山拡大
b0362900_18324679.jpg
 二上山、葛城山、金剛山拡大
b0362900_18324582.jpg
 7月に登った船坂峠越を横切る。
 まだ通行止め中のよう。
b0362900_18374404.jpg
 宝塚
b0362900_18374964.jpg
 明るいうちに宝塚についてよかった。
 ただし今までに6回六甲縦走したが、今回最も時間がかかった。
 1回目 2015/6/13 18:02着
 2回目 2016/4/9  16:30着
 3回目 2017/3/18 17:11着
 4回目 2017/8/16 17:40着
 5回目 2018/3/10 17:08着
 今回  2018/8/18 18:07着
 ベストの1時間40分遅れ。
 1回目も18:00台にゴールしたが4回道を間違えて1時間以上ロスしていた。
b0362900_18374952.jpg

[PR]



# by totsutaki3 | 2018-08-18 18:47 | ランニング | Comments(0)

2018/8/16 鳥せい本店

【走った距離】  11.43km
【今月の累積距離】  188.48km
【天気】 雨のち曇り
【気温】 最高 33℃、最低 28℃
【体重】  64.8kg
【コース】自宅~百円橋
【コメント】
 鳥せい本店に最近ご無沙汰なので、向井店長に挨拶がてら、夏のたれ口大吟醸。
b0362900_16153187.jpg
 2時過ぎだったのでほとんど待たずに座れたが、店内は満席。
b0362900_16153152.jpg
 夏のたれ口大吟醸(左)とDMサービス券の特撰
 最初は特撰の昔ながらの日本酒の味わいが好きになれなかったが、
 飲みすすむほどにたれ口大吟醸の癖のなさに飽き足らなくなった。
 本来たれ口はもっと個性の強い日本酒だったのだが...
 結局特撰の美味しさを再発見することになった。
 
b0362900_16153155.jpg
 DMサービス券のコリコリ砂ずり
b0362900_16153198.jpg
 定番のカワとナンコツ
b0362900_16153150.jpg
 
b0362900_16153249.jpg

[PR]



# by totsutaki3 | 2018-08-16 16:33 | | Comments(0)

2018/8/15 BEER PUB ICHI-YA

【走った距離】  20.48km
【今月の累積距離】  177.05km
【ペース】 平均 6'39"/km、 最高 5'49"/km
【天気】 曇り時々雨
【気温】 最高 33℃、最低 28℃
【体重】  64.4kg
【コース】自宅~豊里大橋
【コメント】
 錦市場から御幸町を上がったところにある、
 京都一乗寺ブリュワリー直営カフェ"BEER PUB ICHI-YA"。
 京都一乗寺ブリュワリーのクラフトビールを飲み比べできる。
 同じく錦市場から富小路を上がったキリンのクラフトビールアンテナ店
スプリングバレーブルワリー京都」のすぐ近く。
b0362900_19501428.jpg
 
b0362900_19501517.jpg
b0362900_19501575.jpg
 ビールのコンペで受賞しているみたい
b0362900_20022141.jpg
 ビールのつくり方
 マッシング(粉砕した麦芽と温水を混ぜ合わせ、酵素デンプン反応が生じ糖化する工程)と
 デコクション(マッシュの一部を直火で100℃まで昇温し、元に戻して昇温する工程)が
 京都一乗寺ブリュワリーのこだわり。
b0362900_20022403.jpg
 飲み比べその1(好きなビールを3銘柄選べる)
 ゴールデンエール(2015 年より試行錯誤を重ね造り上げた定番ビール)
 デストロイエンジェルIPA(麦芽の風味とコクを楽しむイングリッシュスタイルIPA)
 ペールエール(沖縄粟国島産の黒糖を使用したペールエール)
b0362900_19501459.jpg
 飲み比べその2
 スタウト(2016年から醸造を開始した本格的なドライスタウト)
 アップス珈琲スタウト(季節限定:西陣の珈琲屋さんUP’sの珈琲を使った珈琲スタウト)
 日本物語エール(ゲスト:伊豆でブライアン・ベアードさんが作っているエール)
b0362900_20114539.jpg
 美味しかった順番:
  デストロイエンジェルIPA
  日本物語エール 
  スタウト
  アップス珈琲スタウト
  ゴールデンエール 
  ペールエール

 ソーセージの盛り合わせ
b0362900_20263290.jpg
 

[PR]



# by totsutaki3 | 2018-08-15 20:29 | | Comments(0)

2018/8/14 三島由紀夫「真夏の死--自選短編集」

【走った距離】  11.86km
【今月の累積距離】  156.57km
【ペース】 平均 7'28"/km、 最高 6'21"/km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 37℃、最低 21℃
【体重】  63.8kg
【コース】自宅~百円橋
【コメント】
 三島由紀夫の第2自選短編集。

 収録作品:
 「煙草」 (1946年、三島21歳)
 「春子」 (1947年、三島22歳)
 「サーカス」 (1948年、三島23歳)
 「翼」 (1951年、三島26歳)
 「離宮の松」 (1951年、三島26歳)
 「クロスワード・パズル」 (1952年、三島27歳)
 「真夏の死」  (1952年、三島27歳)
 「花火」 (1953年、三島28歳)
 「貴顕」  (1957年、三島32歳)
 「葡萄パン」 (1963年、三島38歳)
 「雨のなかの噴水」 (1963年、三島38歳)

 三島の20代の作品を中心に30代の作品も3篇収録。

「旧作を読み返しておどろかれるのは、少年時代、幼年時代の思い出、
 その追憶の感覚的真実、幾多の小さなエピソードの記憶等が、

 少なくとも二十代の終り近くまでは実によく保たれていたということである。
 それらを一切失わせたのは、一つには年齢と、一つには社会生活の繁忙とであろう。
 きめこまやかな過去の感覚的記憶を玩弄していられるには、
 肉体的不健康が必要であり、(プルウストを見よ!)、
 健康体はそのような記憶に適しないのであろう。
 私が幼少年時の柔らかな甘い思い出を失う時期が、正に、
 私の肉体が完全な健康へ向う時期と符合しているのである」


「真夏の死」は伊豆の海岸で2人の幼子を失った母親の物語。
 実際に起こった水死事故を下敷きにして組み立てた。
「通常の小説ならラストに来るべき悲劇がはじめて極限的な形で示され、
 生き残つた女主人公朝子が、この全く理不尽な悲劇からいかなる衝撃を受け、
 しかも徐々たる時の経過の恵みによつていかにこれから癒え、
 癒えきつたのちのおそるべき空虚から、いかにしてふたたび宿命の到来を要請するか、
 といふのが一編の主題である。或る苛酷な怖ろしい宿命を、永い時間をかけて、
 やうやく日常生活のこまかい網目の中へ融解し去ることに成功したとき、
 人間は再び宿命に飢ゑはじめる」

  

b0362900_19555764.jpg
 


[PR]



# by totsutaki3 | 2018-08-14 19:56 | 読書 | Comments(0)

2018/8/13 ダイヤモンドトレイル

【走った距離】  33.57km
【今月の累積距離】  144.71km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 35℃、最低 30℃
【コース】ダイヤモンドトレイル
     当麻寺→平石峠→葛城山→水越峠→金剛山→紀見峠
【コメント】
 暑い下界を抜け出して、夏のトレーニング、ダイアモンドトレイル。
 ちょっと練習の間が空くと階段が厳しい。
 若者ランナー、おじさんランナー、ベアフットランナー、女性ランナー、
 いろんなのランナーに抜かれた(笑)

 葛城山に向かう階段
 今回は長かった
b0362900_20454031.jpg
b0362900_20454067.jpg
 葛城山頂
b0362900_20510285.jpg
 葛城山から見た金剛山と入道雲
 金剛山から紀見峠まで走る間、遠雷が聴こえていた 
b0362900_20474933.jpg
 葛城山頂からの360度のパノラマ
b0362900_20515497.jpg
b0362900_20521019.jpg
 水越峠に下る
b0362900_20554015.jpg
 金剛山に向かう階段
b0362900_21002532.jpg
 葛木神社
b0362900_21023680.jpg
 フジグロセンノウ
 ナデシコ科 センノウ属 多年草 わが国の固有種
b0362900_21025177.jpg
 オニユリ
b0362900_21032231.jpg
 ちはや園地で抹茶アイスクリーム
 以前はソフトクリームだったがアイスクリームに代わったみたい
b0362900_21035567.jpg
 久留野峠から中葛城山に向かう階段
b0362900_21044072.jpg
 紀見峠の稲は実がついていた
b0362900_21084544.jpg
 お疲れ様
b0362900_21103909.jpg


[PR]



# by totsutaki3 | 2018-08-13 21:10 | ランニング | Comments(0)

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by totsutaki3
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

andyさん いつもご..
by totsutaki3 at 19:11
素晴らし夜桜 いつもな..
by andy at 10:37
アドさん コメントあり..
by totsutaki3 at 21:52
はじめまして。 タイガ..
by アド at 21:59
desure_san ..
by totsutaki3 at 22:01
こんにちは・ 私もブリ..
by desire_san at 06:59
55ishibashiさ..
by totsutaki3 at 22:02
当選おめでとうございます..
by 55ishibashi at 06:32
desire-san ..
by totsutaki3 at 21:29
こんにちは、 私もミュ..
by desire_san at 13:52

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

検索

最新の記事

2018/8/18 六甲縦走
at 2018-08-18 18:47
2018/8/16 鳥せい本店
at 2018-08-16 16:33
2018/8/15 BEER..
at 2018-08-15 20:29
2018/8/14 三島由紀..
at 2018-08-14 19:56
2018/8/13 ダイヤモ..
at 2018-08-13 21:10