自省録2

2018/1/23 第四間氷期 安部公房

【走った距離】  8.76km
【今月の累積距離】  312.41km
【天気】曇り 
【気温】 最高 9℃、最低 4℃
【コース】自宅~会社
【コメント】
「第四間氷期」 (1959年) 安部公房35歳のときの作品。

 予言機械という未来を予測するコンピューターを開発した研究者が
 自分自身の未来の予言結果(第二次予言値)に裁かれ、殺される話と
 地球の水位が上昇して陸地がなくなり、水棲人間となって海中で生活をする話が
 組み合わされている。


 独創性とスケールと細部のリアリティ
 SF作品としても卓越
 小松左京が作家としてデビューする前の作品だが
 おそらく日本のSF作家のどの作品よりも独創性、哲学、思想において優れる
 安部公房の他の作品と同様に日常に潜む深淵を、特異な状況を使ってあぶりだす。

「未来は、それが未来だということで、すでに本来的に残酷なのである。
 その残酷さの責任は、未来にあるのではなく、
 むしろ断絶を肯んじようとしない現在の側にあるのだろう」


 安部公房が若死にせず今でも生きていたら
 現代の地球温暖化やAIをどのように作品化しただろうか?

b0362900_22065682.jpg


[PR]



by totsutaki3 | 2018-01-23 22:08 | 読書 | Comments(0)

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by totsutaki3
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

andyさん いつもご..
by totsutaki3 at 19:11
素晴らし夜桜 いつもな..
by andy at 10:37
アドさん コメントあり..
by totsutaki3 at 21:52
はじめまして。 タイガ..
by アド at 21:59
desure_san ..
by totsutaki3 at 22:01
こんにちは・ 私もブリ..
by desire_san at 06:59
55ishibashiさ..
by totsutaki3 at 22:02
当選おめでとうございます..
by 55ishibashi at 06:32
desire-san ..
by totsutaki3 at 21:29
こんにちは、 私もミュ..
by desire_san at 13:52

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

検索

最新の記事

2018/9/20 淀川河川..
at 2018-09-20 21:30
2018/9/19 ドイツ&..
at 2018-09-19 21:35
2018/9/18 ドイツ&..
at 2018-09-18 21:55
2018/9/17 観光客が..
at 2018-09-17 18:38
2018/9/16 京橋 二刀流
at 2018-09-16 18:53