自省録2

2018/2/2 石の眼 安部公房

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  0km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 8℃、最低 2℃
【体重】  65.2kg
【コメント】
 「石の眼」 (1960年) 安部公房36歳のときの作品。

 「第四間氷期」でSF的手法をとった安部公房が社会派推理小説の方法を試みた作品。

 ダム工事現場という閉ざされた場所での6人の男女の24時間。
 映画「羅生門」のようにそれぞれの見方が異なり、誰もが被害者と思い、疑心暗鬼になる。
 前作が「第四間氷期」で次作が「砂の女」。
 通常であればもっと評価されるべき作品だがマスターピースに挟まれ目立たない。
 新潮文庫も廃版。

b0362900_21580306.jpg


[PR]



by totsutaki3 | 2018-02-02 22:00 | 読書 | Comments(0)

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by totsutaki3
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

andyさん いつもご..
by totsutaki3 at 19:11
素晴らし夜桜 いつもな..
by andy at 10:37
アドさん コメントあり..
by totsutaki3 at 21:52
はじめまして。 タイガ..
by アド at 21:59
desure_san ..
by totsutaki3 at 22:01
こんにちは・ 私もブリ..
by desire_san at 06:59
55ishibashiさ..
by totsutaki3 at 22:02
当選おめでとうございます..
by 55ishibashi at 06:32
desire-san ..
by totsutaki3 at 21:29
こんにちは、 私もミュ..
by desire_san at 13:52

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

検索

最新の記事

2018/7/21 灯篭ゲー..
at 2018-07-21 17:30
2018/7/19 だんらん家
at 2018-07-19 21:53
2018/7/18 舞洲24..
at 2018-07-18 21:39
2018/7/17 お初天神..
at 2018-07-17 22:04
2018/7/16 夙川~有..
at 2018-07-16 17:19